脂漏性角化症や痛風は病院選択で改善:知っ得症状改善法

症状は全身へ

注意して選ぼう

先生

風が当たっても痛いほどの強い痛みを感じるとしてその名が付いたとも言われるのが「痛風」です。 痛風の原因は、本来は体内で分解されるべき尿酸が何らかの理由により分解されず、血中の尿酸濃度が濃くなり、尿酸塩として結晶化するというものです。関節などにこの尿酸塩が付着すると、白血球がそれを攻撃します。その際に強い痛みや腫れを感じるようになるのです。 初期症状としては、足の指や関節の腫れ・痛みがあります。そのままにしておくと歩行困難となるほどの痛みとなります。さらに、症状は全身へと広がり、尿毒症になる場合もあります。 痛風は、プリン体という成分が多く含まれている食品の摂取量が多いとなりやすいとされており、近年ではプリン体を抑えた食品も多く発売されています。

予防が大切

プリン体が含まれているものとしては、ビールがあります。高カロリーな食品は尿酸値を上昇させるため、痛風を予防するためには高カロリーな食事を避け、アルコール飲料は控えるということが大切になります。近年では健康志向の高まりにより、カロリーやプリン体、糖質を従来の製品よりも抑えた製品が多数発売されており、人気を集めています。このような傾向は今度も続いていくと考えられます。 ただし、このような製品であれば多く摂取してもよいというわけではありません。症状が出たら早めに医療機関を訪れ、治療を行うようにしましょう。生活習慣を改善することで、医薬品を使わなくても症状を緩和させることが出来ます。 痛風の原因となる尿酸を排出させるためには、水分を摂取し、尿量を増やすという方法が有効です。